英検2級の勉強をしよう(問題集の使い方編)

英検2級の勉強方法を検討(問題集の使い方編)

英検2級の勉強方法も3級や準2級の時と同じように進めることにしました。まず文単でたくさんの英文を読み込みつつ単熟語を覚え、予想問題ドリルで試験形式に沿った勉強をしていきます。両方を並行して行うことで相乗効果を狙います。

英検2級 予想問題ドリル 旺文社
英検2級 文単 旺文社

英検2級 予想問題ドリル(問題集)について

予想問題ドリルは下記本試験の構成に沿っています。Day1からDay5までの筆記5回分と、Day6とDay7の模擬テスト(筆記&リスニング)2回分が収録されています。Day6とDay7模擬テストの解答用紙もついています。

  • 筆記1:短文の語句穴埋め(20問)
  • 筆記2:会話文の文穴埋め(5問)
  • 筆記3:長文の語句穴埋め(5問)
  • 筆記4:長文の内容一致選択(7問)
  • 筆記5:ライティング
  • リスニング1:会話の応答文選択(10問、音声1回のみ)
  • リスニング2:会話の内容一致選択(10問、音声1回のみ)
  • リスニング3:文の内容一致選択(10問、音声1回のみ)

予想問題ドリルは、これら各パートでおさえておくべき要点(英検2級で必要な代表的な単熟語や文法など)や、試験のコツがわかりやすくまとめられています。

英検2級 予想問題ドリル(問題集)の使い方

表紙に7日間で完成とありますが、そのような使い方はしません。2回分の模試(Day6とDay7)を残して、それ以外のDay1からDay5を精読し繰り返し読み込むことができるようカスタマイズしていきます。

  • 1周目は息子と一緒に全ての問題や解説を確認しました。わからない単熟語には線を引いて訳を書き込み、全英文の文構造(動詞に赤線・スラッシュ)と和訳を確認しました。
  • 2周目から息子は読み込み開始、わからない所を一緒に再確認して漏れ等修正しました。
  • 3周目から本格的に読み込み、時間が許す限りひたすら読み込みました。
    前日に読んだ所はほぼ忘れてしまうので、必ず復習しました。
  • 模擬試験で理解度確認する。(この問題集の巻末にある2回分の模試)

まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です