英検2級の勉強をしよう(二次試験スピーキング対策編)

二次試験スピーキング対策開始

テキストは英検準2級、3級の二次試験スピーキング対策の時と同じシリーズのものを選択しました。他にも何冊か出版されていますが、一冊だけを集中的に読み込んでいくことにしました。
二次試験の内容は一次試験に比べたらそれほど難しくありませんが、英語で質問されることに英語でしっかり答えなければいけません。英文を暗唱したり瞬間英作文できるようにするのがベストです。
このテキストを一通り見渡すと、試験内容は全てパターン化されていることがわかります。このテキストに書かれている内容を全て把握できるよう繰り返し練習することにしました。

英検2級 二次試験面接
完全予想問題 旺文社

この本の内容について

このテキストは良いです。二次試験の概要がつかめます。本試験と同じ形式の問題が10回分収録されているので、これを全て読み込んでマスターすればおそらく大丈夫でしょう。
面接の前半は問題カードから質問されますが、パターンが決まっているので比較的簡単に対応できます。問題はQ4とQ5です。英語で質問されたことに対して英語で回答する。これが難しい。
これに対応するため、このテキストの解答例文を全て暗唱・暗記できるようにします。それには瞬間英作文によるトレーニングが最適です。

二次試験スピーキング対策のコツ

瞬間英作文トレーニングといったら森沢式です。息子にこのやり方を説明したらすぐに納得して始めてくれました。
日本語トリガーを口に出して言った後それを英作文します。長くて難しい場合は細切れにして英作文するけれどいずれは通しで英作文できるようにします。
短文は何回か読めばスムーズにできるのですが、長文は難しいようでした。嫌にならないよう少しずつ取り組みました。

英語上達完全マップ 森沢洋介著

心配していた通り、長文の瞬間英作文をやる時はいつもイライラしてパニックになりました。英文自体はそれほど難しくないから英文和訳は簡単にできるけれど、逆は難しいということを何回も説明しました。
例えば、I like her. を I like she. と言ってしまうなど。理解していても正確に言うためにはたくさん練習する必要がある、と気づいてもらいたいと願いつつできるまで一緒に取り組みました。

仕上げにやったこと

二次試験対策のために下記過去問題集を購入しました。この本の良いところは10回分の二次試験問題全てに解答例文があることです。これを有効活用しました。
このテキストを使う一番の目的は試験に慣れる事でした。これまで勉強してきた成果を出せるよう、本試験に似せて毎日1回分ずつテストしました。
模擬試験をすることで日々のトレーニングにフィードバックし、曖昧な部分を徹底的にクリアにしていくようにしました。

英検準2級 過去6回
全問題集 2018 旺文社

Q1からQ3は所見の内容でも難なくこなせましたが、Q4とQ5(英語で質問応答)が少し難しい。質問を聴き逃したり解答が曖昧になってしまったりと、それでも6~7割の完成度でした。
毎日トレーニングしてきたおかげで、はじめての問題でもかなり上手に英作文できるようになりました。

まとめ

一次試験が終わりすぐに二次試験対策に入ったのですが、ほぼ1カ月しか準備期間がありませんでした。短期間で対応しなければならない状況で瞬間英作文によるトレーニングはかなり良い方法でした。
二次試験直前に過去問による実践形式のテストで、これまでの学習効果の確認ができました。また自信もついたので緊張することなく本試験に臨むことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です