英検2級の勉強をしよう(語彙強化編)

英検2級の勉強方法を検討(語彙強化編)

実績ある文単

単熟語は単語帳だけで覚えようとしても定着しないことは、私や息子にとって英検2級の勉強をする時も変わらぬ考えでした。ということで迷わず英検2級の「文単」を購入しました。

英検2級 文単 旺文社

準2級の文単に慣れた後では英検2級の長文が難しく感じました。和訳を確認しないと英文だけでは理解できなかったので、息子に解説できるよう前日にしっかり読みました。

英検2級 文単(単語帳)について

思っていたより難しい英検2級文単

英検2級の長文は準2級に比べて難易度が上がっています。以前、準2級と3級の間にも壁があるように感じていましたが、2級との間にある壁はそれ以上に高いです。ここを乗り越えなければ先に進むことができません。SV、品詞、文構造、単熟語の確認など、精読した英文をしっかり読み込んでいく必要があります。
文単は使いやすいです。見開きの左側に英文と和訳、右側に単熟語の詳細がありますので、ページをめくらずとも全て完結できるのが良いです。

英検2級 文単(単語帳)の使い方

英文の内容をしっかり理解するため、最初に必ず精読(下記手順)します。その後、繰り返し読み込むことで内容を定着させます。精読した英文を何回も読み込むことで、自然と単熟語を覚えることができます。

1.精読する
  • 英文を和訳しながら未知の単熟語(意味と発音)を確認する。
  • SV(動詞に赤線を引く)、品詞、文構造を確認する。
  • 文頭から読み下せるようにスラッシュやカッコをつける。
2.繰り返し文を読んで単語を覚える
  • 音読(精読の内容を確認する)
  • オーバーラッピング(正しい発音をできるようにする)
  • シャドーイング
  • 暗唱(文頭から読み下して意味確認と内容把握)
3.単熟語リストでチェックする
  • 覚えた単語を思い出す

まとめ

文単だけでなくパス単も

単熟語だけを手っ取り早く覚えたいのであれば、旺文社の「パス単」の方が良いでしょう。単熟語の数も文単に比べて多いです。しかしパス単は単熟語のリストだけなので覚えても忘れやすいです。そのため準2級の時は使いませんでしたが、今回は英検2級の勉強でパス単も利用しました。

英検2級 パス単 旺文社
パス単の良いところ

文単は文の中で単熟語を覚えるので、時間さえかければ定着します。ただし回し過ぎると単語リストの位置を覚えてしまい、単語そのものを本当に覚えたかどうか心配になります。そこで本試験1カ月程前からパス単で単熟語だけを見て思い出す作業を行いました。
英検2級は単熟語のレベルが高いので、しっかり定着させるために覚えて、忘れて、思い出す作業が重要です。パス単はそのような使い方で役に立ちました。

語彙力がカギを握る

英検の筆記1は穴埋め問題で、得点源にしたいところです。そのため語彙力や文法の知識が重要です。特に単熟語をしっかり覚えていないと思うように得点できません。息子も準2級まではスムーズに語彙構築できましたが、2級は苦労しました。筆記1で正解率8割以上を目標に試験直前まで対策しました。
文単とパス単を上手に使うことで語彙力を上げることができました。一次試験だけでなく二次試験にも語彙力がカギとなります。一次試験が終わった後もパス単と文単の勉強は継続しました。

エッセイ

単語の覚えかた

1万語の単語を3時間/日/3年間、眺めるだけで覚えることができる、多読と合わせて、という本を読む機会がありました。
私も、英語の勉強をはじめてすぐに「単語耳」というテキストを使って、5500個の単語を音読だけで覚えようとしましたが、難しいものでした。この時は発音の勉強が主な目的でした。
私はTOEICや英検で勉強してきた経験上、単語は、慣れて、覚えて、忘れて、思い出す、という作業を何回も繰り返さない限り覚えることはできない、と考えています。眺めるだけで覚えることができる、と言われても違和感を感じます。
それに毎日、大量の単語を読み込むと同時に多読もそつなくこなすのは、かなり英語が堪能な場合に限ります。初中級者ができることではありません。
眺めるだけで覚えることができる、などと聞くと簡単にできそう、と勘違いしてしまうかもしれません。英語教材の中には、「簡単に・・・」、「これだけで・・・」、「短期間で・・・」などと興味を引く学習方法がたくさんあります。誰でも手っ取り早く習得したいものです。しかし語彙や文法など英語の基礎を築くのは簡単ではありません。あわてずに自分のやりかたを一歩ずつ着実に取り組んでいこうと再確認する良い機会でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA