英検4級の勉強をしよう(問題集の使い方・語彙強化編)

英検4級の勉強方法を検討

息子は小学2年生でしたが、これまでに基礎的な英文法の勉強と発音の練習を繰り返し行ってきたので、英検4級の勉強に入っても大丈夫であろうと判断しました。

発達障害の特性を持つ息子にわかりやすく英語を教えることができるよう、私自身もTOEICを使って勉強を続けていました。また最も効率よく英語を勉強できる方法もよく考えていました。

この頃私はTOEICの「公式問題集」と「金フレ」という単語帳だけを使って勉強していましたが、他の教材に取り組む余裕がありませんでした。たくさんの英文の内容を確認したり、音読や暗唱を繰り返すだけでかなり時間がかかっていたからです。

けれども少ない教材を集中して取り組むことで、少しずつ英語に慣れることができました。慣れると安心して勉強を続けることができるとわかったので、息子にも同じ方法で教えることにしました。

TOEICで言うところの公式問題集にあたるものや金フレに相当する単語帳を探したらありました。下記2冊です。単語は出会う数とシチュエーションが多いほど覚えやすいと考えていますので、この2冊を並行して取り組みました。

英検4級 集中ゼミ(問題集)について

英検4級の試験に合わせた問題が構成されています。英検4級の筆記1から筆記4、リスニング第1部から第3部の問題における分析と対策がわかりやすく説明されているので、この問題集にそって勉強すれば試験形式に慣れることができ、英検4級に耐えうる実力がつくと思います。

英検4級 集中ゼミ 旺文社

英検4級 集中ゼミ(問題集)の使い方

英検はTOEICと似ています。筆記1はPart5、筆記4はPart7に似ています。なので息子には私の行っている方法でトレーニングできるよう教えました。

まず問題集の空欄に答えを埋めながら解説しました。同時に重要な単語や熟語に蛍光ペンで線を引きました。例文を繰り返し音読暗唱できるようスラッシュもつけました。こうすることで2周目以降読み込む時に、問題と答えを行ったり来たりしなくて済みます。

問題集は1回か2回、解いただけでは身につきません。訳や文構造等の内容を把握した後は、何回も繰り返し音読したり暗唱して読み込む必要があります。

英検4級 絵単(単語帳)について

この単語帳は、英検4級に出題される重要な単熟語や会話表現を、過去問データの分析に基づいてまとめられています。巻末のさくいんに記載されている単語リストを確認したら、単語数は353個でした。

英検4級 絵単 旺文社

絵単の良い点は、1つの単語につき1つの例文があり、単語が実際にどのように使われるか理解できます。単語は単体より例文の中で使われている方が覚えやすいです。また品詞がしっかり表記されているのも良いです。
絵単の悪い点は、イラストが見づらいことです。どの項も8つの単語に対して1つのイラストしかないので、あまり使いませんでした。

英検4級を受けるのであれば、英検Jr.で使用したキクタンキッズ初級編、中級編、上級編の3冊と、この絵単をマスターすれば十分な単語数をカバーできると思います。

英検4級 絵単(単語帳)の使い方

  • 各単語を単体ではなく例文で覚える。
    手順1 例文の和文を音読
    手順2 英文音読(3回程度)
    手順3 英文暗唱(訳や文構造確認)
  • 単語の品詞をしっかり意識する。※品詞は重要です。
  • 前日に覚えたところはかなり忘れてしまうので必ず復習する。
  • クイズ形式で覚えることができたか確認する。

まとめ

集中ゼミは繰り返し読み込むことがポイントですが、自閉症スペクトラムやADHDの特性を持つ息子でも最小限のストレスでトレーニングできたと思います。思うように進まないとイライラしてパニックになってしまうので、できるだけ息子の要望を聞きながら問題集をカスタマイズしました。

単語は例文で覚えるのが最も良い方法だと思います。息子は例文を暗唱できるまで繰り返し行いましたが、暗唱することに慣れていなかったので、よくパニックになっていました。一人でやらせずいつも一緒に取り組むことで、なんとか落ち着いてもらいました。そしてだんだんとできるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA