TOEICの勉強[11th]公式問題集で実戦対策

前回の第10回目テストから

前回の第10回目TOEICテスト結果は775点でした。
775点までアップしたのは良かったのですが、なぜ800点を超えなかったのか疑問でした。TOEICは英語の総合力が出るテストです。800点に至らない原因が何かあったのでしょう。ここのところ、本試験では相変わらず全問解けず10~15問残していました。
そういえば、これまで時間を気にしながら公式問題集を解いたことがありませんでした。いつも音読関連のトレーニングしかやっておらず、試験に慣れる対策をしていませんでした。

次にやること

試験に慣れるための対策を検討しました。これまで公式問題集の問題部分を使ったことがありませんでしたが、本試験のように時間を計って解いてみることにしました。これを繰り返しやれば試験に慣れて得点が伸びるだろうと期待しました。
教材は当時最新の公式問題集を使うことにしました。何度も音読をしてきた公式問題集のVol.1からVol.4は解答を覚えてしまっているので、Vol.5を新規購入しました。

公式問題集 Vol.5

公式問題集で実戦形式の練習

やりかた

購入したばかりの公式問題集Vol.5をすぐに音読トレーニングに使わず、試験形式で時間を計って解く練習を始めました。
リスニングは45分間、リーディングは75分間、どちらも通しで行うのでなく1問ずつ解いては答え合わせして確認しました。

効果

公式問題集Vol.5のTEST1とTEST2を実戦形式で1回ずつ解きました。時間内に190問まで解けるようになりました。正解した部分を合計すると、いずれも7割ほどの正解率でした。

テスト結果 11th

第232回 2019年6月23日

TOEICL&R TESTdateListeningReadingTotal
1st(第209回)2016/4/10295275570
2nd(第215回)2016/11/20305285590
3rd(第218回)2017/3/12385265650
4th(第223回)2017/9/10355300655
5th(第225回)2017/11/19350245595
6th(第228回)2018/3/11365280645
7th(第230回)2018/5/20290265555
8th(第232回)2018/7/29350290640
9th(第235回)2018/11/18355295650
10th(第240回)2019/5/26440335775
11th(第241回)2019/6/23390350740

まとめ

前回より35点も低い結果が出てしまいました。公式問題集Vol.5を実戦形式で解いたのとほぼ同じ結果でした。最新の公式問題集は本試験の難易度と同等であることがわかりましたが、この練習を続けるべきかどうか悩むところです。このままいって果たして英語の総合力が上がるのか、まだ始めたばかりなので分かりません。
おそらく最新の公式問題集を解いて8~9割の正解率であれば本試験でも800~900点取れるのでしょう。しかしどうしたらそこまで届くのか。次回も実戦形式の練習を続けることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です