英検3級の勉強をしよう(語彙強化編)

英検3級の勉強方法を検討(語彙強化編)

息子は英検4級と同時に3級の勉強もスタートしました。英検3級は4級と比較すると筆記3や4の長文問題の難易度が上がります。そこでたくさんの長文を読み込んでおきたいと考えました。それゆえ語彙強化も重要な課題でした。

語彙強化でき同時にたくさんの長文も読み込みたいということで、何か良い教材がないか探したところありました。「文で覚える単熟語」略して「文単」です。

この教材を使ってたくさんの英文を読み込んでおけば英検3級や4級に対応できるだろうと、早めに取り組むことにしました。

英検3級 文単(単語帳)について

文単は構成が良いです。左ページに英文と訳があり、右ページにその文中に使われている単語や熟語の詳細があります。ページをめくらずに読み込めるので扱いやすいです。
長文の中身はオリジナルの文だけでなく、過去問からの抜粋が使われています。目次を見るといろんなテーマがあり、文の数が全部で70個もあります。単熟語の数は941個です。

英検3級 文単 旺文社

文単の素晴らしいところは全ての文章に音声がついていることです。リーディングの勉強に音声は必要ないと考えていましたが、それは大きな間違いでした。
リーディングの勉強に音声はとても役に立ちます。音声を聞きながら英文を読み込むことで、音声とほぼ同じスピードで読めるようになります。
音声のスピードについていくには英文を前から読み下さないと間に合わず、返り読みしていられません。前から読み下せるようトレーニングするのに音声の利用は効果的です。

英検3級 文単(単語帳)の使い方

英文の内容をしっかり理解するため、最初に必ず精読(下記手順)します。その後、繰り返し読み込むことで内容を定着させます。精読した英文を何回も読み込むことで、自然と単熟語を覚えることができます。

1.精読する
  • 英文を和訳しながら未知の単熟語(意味と発音)を確認する。
  • SV(動詞に赤線を引く)、品詞、文構造を確認する。
  • 文頭から読み下せるようにスラッシュやカッコをつける。
2.音声を聴きながら繰り返し読むことで単語を覚える
  • 音読(精読の内容を確認する)
  • 暗唱(文頭から読み下して意味確認と内容把握)
3.単熟語リストでチェックする
  • 覚えた単語を思い出す
英検3級文単 抜粋

英検4級 の勉強にも役立つ文単

英検4級には文単に相当するものがありませんでした。下記の「絵単」は英検に沿った良い単語帳ですが、長文がありません。早い時期からたくさんの長文を読み込んでおきたかったので、英検4級の勉強にも英検3級の文単を使いました。

英検4級 絵単 旺文社

まとめ

重要単語は無理やり覚えようとせず、英文を繰り返し読み込むことで自然と覚えるようにしました。単語は単体でなく文の中で覚えた方が効率的です。それに興味のある文章だったら楽しくできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です