プロフィール

はじめまして

小中学生を対象とする子ども英語コーチングスクール Gray Dad’s Education 代表の渡辺英雄と申します。英語学習のためのコーチングと自律型子ども育成支援を行っています。

子どもたちが将来のフィールドを国内に限定せず海外で広く活躍できるよう、早い時期から英語に取り組むサポートをしています。

子ども英語コーチングスクール について

発達障害の息子が小学1年生の時に一緒に英語の勉強を始め、計画的に学び効率よく習得する方法を構築し、息子を小学5年生の時に英検2級合格、中学1年生で英検準1級合格に導きました。

Gray Dad’s Educationでは、その経験やノウハウをもとに英語学習指導自律型子ども育成支援を行っています。英語学習を通して自ら学び、考え、主体的に行動する力、すなわち探究心を養います。

英語学習は毎日の家庭学習が重要です。そのためオンライン講義で教えると同時に、家庭で日々どのように取り組むべきか学習プランの提案と具体的な指導を行っていきます。はじめは子どもを一人にせず親御さんと一緒に見守りながら、そしてゆくゆくは自律して学習に取り組めるようサポートします。

自律型子ども育成支援で英語だけでなく総合的な学力向上

Dad’s Educationでは小中学生を対象に、英語学習を通して自律型子ども育成支援を行っています。早い時期から英語学習を始めると同時に、自ら学習面でのPDCA(Plan Do Check Action)サイクルを回せるようにします。英語だけでなく他の教科にも応用できますので総合的に成績アップにつながります。

以前、トヨタ自動車の非常に厳しい生産部門で、自動車の製造業務に携わっていました。その経験を生かし、現場で直に学んだトヨタ生産方式を息子の学習面に応用し、独自の学習スタイルを考案しました。これにより息子はより効率的にスピーディーに勉強できるようになったので、英語も数学も難なくこなせるようになっていきました。何より楽しくやりがいを持って取り組めるようになりました。

早い時期からPDCAサイクルを回せる自律した学習習慣を身に着ければ、中学、高校と進学しても一人でやっていくことができます。この先起こりうる様々な難しい問題に対しても、必ず自分の力で解決することができます。

定型発達の子どもたちだけでなく軽度発達障害の特性を持った子どもたちも対象としています。(要相談)昔の私と同様に学習面で悩んでいる子どもたちのサポートをします。

できない子には理由があります。私もそうでした。

小学生時代、私の成績は良くなかったです。勉強ができないのは生まれつき能力が低いこと、人より努力がたりないことが原因だと思っていました。しかし親になって子育てをしているうちに、そうではないことに気がつきました。

息子は6歳の時に発達障害(自閉スペクトラム症とADHD)と診断されました。その時初めて発達障害のことを知り、それ以来息子に様々な対応をしてきました。息子の発達障害には以下のような特性があります。

  • おちつきがなくじっとしていられない
  • 人の話を集中して聞けない
  • 相手の言っていることを理解するのが難しい
  • 相手の気持ちを汲み取れない
  • 騒がしくて周囲を不快にする
  • 空気が読めない
  • 思うようにいかないとパニックになってしまう

驚いたことに、これら全て昔の私そのものです。小さい頃、親や周囲の人達からよく言われていたことです。ひょっとして自分も発達障害だったのかもしれない。このようなことが原因で学習につまずいていたのかもしれないと思うようになりました。

適切な対応をすることで

発達障害かそれに近い特性を持つ子には、いろんな場面で支援が必要です。学習面では特に定型発達の子とは異なる特別なサポートをしてあげる必要があります。上記のような特性がある場合、小学校の通常学級や、一般的な塾での学習では習得が困難です。集団の中ではもちろん、たとえ個別に取り組んだとしても、適切な対応をしない限り難しいでしょう。昔の私がそうであったように。
学習面で悩んでいた幼少のあの頃、もっとこうしてもらえたら良かった、ということがたくさんあります。それらを全て息子にしてきました。そうしたら息子は英語、算数、数学、それ以外の教科においても全て遅れることなく結果を出すことができています。

私の理念

自分が子どもの頃に勉強ができなかったので、できなくて悩んでいる子どもたちの気持ちがよくわかります。なぜだろう、どうしたらいいんだろう、と子どもたちは助けを求めています。

子どもたちはそれぞれに個性や優れた能力を持っています。それらを自ら伸ばせる子はいいのですが、できない子もいます。

発達障害かグレーゾーンの子どもたちは、優れた能力を持っているにもかかわらず発揮しづらい環境です。

そのような子どもたちは得意な部分を更に伸ばして苦手な部分をカバーしたいところです。しかし残念ながら日本ではそれが難しい。

たいてい、子どもたちの短所ばかりが注目され長所は放っておかれます。そしてせっかく持っている長所は、いつの間にか薄れて忘れられてしまいます。これでは自己肯定感を高めることができません。

早い時期にその子の持っている能力を発掘し伸ばしてあげることが必要です。私は子どもたちの潜在的な能力や可能性を出来る限り引き出し伸ばせるように、また、昔の自分と同じように悩んで苦しんでいる子どもたちを一人でも多くサポートしていこうと考えています。

私たちのこと

子どもと一緒に取り組んできたこと

子どもの能力を
最大限に伸ばすために

飛び級制度がないからこそ
進めておきたい先取り学習

一緒にお料理することの
意外な効果